小児歯科について

小さくやわらかい乳歯は、永久歯に比べてむし歯になりやすく、進行も早く進みます。乳歯のむし歯が、いずれ生え替わる永久歯に悪影響を与える事をご存知ですか?永久歯の質や形、歯並びを悪くするだけでなく発音の障害、あごの発育にも悪影響を招くことがあります。初期のむし歯ほど治療は簡単にすみます。

歯科検診の重要性

定期健診を受けていただく意味として虫歯の早期発見・早期治療を行うこと、顎の成長と共に変化する歯並びと噛み合わせを診せていただき、日ごろの歯みがきだけでは落とせない汚れを歯科器具を使いクリーニングすることにあります。

シーラントで虫歯を予防

生えたての永久歯を虫歯から守ってくれるのがシーラントというものです。

シーラントとは?

シーラントとは、生えたての乳歯や永久歯に、奥歯の噛み合せにある溝をプラスチックやセメントで埋めることで、事前に虫歯を予防する方法です。
生えたての歯には、以下の特徴があります。

  • 他の歯よりも背が低くいため歯ブラシが届きにくい
  • 人によっては奥歯の溝が深いため歯ブラシの毛先が入らない
  • 歯の質が未熟

シーラントはこのような事態を防ぐために、プラスチックやセメントで奥歯の溝を埋めて、物理的にお口の環境を改善することができます。

シーラントを受ける適切な時期

乳歯や永久歯が生えてから3~4年までの間に、奥歯の溝が深い子どもが受けると効果的です。シーラントが適応かどうかについてはご相談ください。

お子様の歯をフッ素で強く

フッ素を上手に取り入れて虫歯を予防しましょう

フッ素とは?

歯の質を強くする自然元素のひとつです。
毎日の食事を通して、私たちの体に摂取されている必須栄養素のひとつで、決して車のワックスのように表面をコーティングするものではありません。
フッ素は、歯の表面自体を強化するもので、虫歯予防に最も効果的です。
また、乳歯や生えたばかりの永久歯に非常に効果を発揮します。

どうして、生えたての歯にフッ素を?

大人の歯と違って、非常に柔らかく、歯の質がすかすかな状態です。
通常、3年で大人の歯の堅さにになるところ、フッ素のチカラを借りることで、より短い時間で、大人の歯の堅さにすることが出来ます。

歯磨き指導について

歯磨きはもっとも大切な虫歯予防方法です。きちんと汚れを落とせていないのでは意味がありません。
当院では、虫歯を効果的に予防できる歯磨き方法を丁寧にお伝えします。まずはお子様の歯磨きの欠点を見つけ、正しい歯磨きを一緒に練習します。
虫歯予防、歯磨きの大切さを一緒に学習していきます。