全顎治療の流れ

Flow1.初診カウンセリング

現在の症状や治療に対するご希望、不安などを個室のカウンセリングルームにて問診します。

Flow2.検査、主訴対応

主訴に対する検査、説明をし、緊急性のある場合は応急処置をします。
お口の状態によって必要な検査をします。(時間の都合により後日行う場合があります)

治療が必要な歯が少数で咬み合わせや歯周病などに問題がない場合は 一歯単位の治療で問題ありません

Flow3.ファーストカウンセリング

採取した資料を元に、現在のお口の状況を詳しく説明し、今後の治療内容についての説明をします。

Flow4.初期治療

  • 痛みの出そうな歯の治療
  • 保存不可能な歯の抜歯
  • スケーリング・ルートプレーニング
  • ブラッシング指導
  • 仮歯の装着 etc.

Flow5.検査・セカンドカウンセリング

初期治療後の検査結果の説明
今後の治療内容と補綴物の種類、費用についてご説明いたします。
患者様のご要望に応じて、今後の治療計画を双方で決定していきます。

Flow6.補綴処置

決定した治療計画に基づいて、かぶせ物を作製致します。

Flow7.メンテナンス

定期的チェックにより問題の早期発見、早期治療を行います。
むし歯、歯周病などの再発防止のためのクリーニングを行います。