歯科口腔外科について

口腔外科とは

口腔(こうくう)とは、口の中のこと。それに加えて、口腔外科では、顎(あご)、顔面、唾液腺などに起こる奇形、変形、外傷、腫瘍や炎症を外科的に治療します。
インプラントや親知らずの抜歯などが代表的な治療ですが、歯を原因とするものだけでなく、癌や交通事故やスポーツなどの外傷、顎変形症ならびに唾液腺疾患などの外科的疾患、さらには、口腔粘膜疾患、神経性疾患、口臭症などの内科的疾患も含まれます。

埋伏智歯抜歯術

口腔外科は、一般歯科医では難しい親知らずの抜歯をおこないます。
埋伏歯というのは、よく聞く「親知らず」のことで、当院で行っている手術で最もポピュラーなものです。
親知らずの生え方にはいくつかの種類があります。

  1. 普通に生えている場合
  2. 歯の一部だけ生えている場合
  3. ほぼ完全に顎(アゴ)の骨に埋まっている場合

この中で2と3のケースは、虫歯になりやすかったり、周囲の歯肉の炎症(智歯周囲炎)をおこしやすいため抜歯の適応となります。

一般的な抜歯方法としては、まずかぶっている歯肉を切開してめくり、次に一部かぶっている骨を削り、ひっかかっている歯も一部削り、分割して抜きます。あとは歯肉を元通りに縫い合わせて終わりです。およそ30分程度の手術になります。

水平埋伏智歯(すいへいまいふくちし)

一般歯科では困難と思われる水平埋伏智歯(すいへいまいふくちし)や埋伏過剰歯(まいふくかじょうし)などの抜歯も行っております。

骨に埋まった状態の歯は 「埋伏歯(まいふくし)」 親知らずの場合は 「埋伏智歯(まいふくちし)」 水平に埋まった状態の親知らず歯を 「水平埋伏智歯(すいへいまいふくちし)」 といいます。
親知らずは、完全に骨内に埋まっていればあまり問題は起こさないのですが、大抵は一部が口の中に露出していることが多く、その隙間に汚れが溜まりやすく、しばしば歯ぐきが炎症をおこしたり、隣の歯を虫歯にしてしまう要因となります。噛み合わせに大切な歯まで抜かなければいけなくなる可能性もありますので、例え痛みがなくとも、親知らずは早く抜いておきましょう。
子供では上顎の正中部にできる過剰歯が多く、適切な時期に永久歯がはえてこなかったり、正常な位置にはえるのを邪魔するためすきっ歯の原因となります。また、本来はえてくるべき所にはえずに無症状ながら将来的に嚢胞(のうほう)として顎の骨のなかに袋をつくってしまうこともあり、どうも歯がはえてこないなと思われたならレントゲン検査をされてみることをおすすめいたします。

歯根嚢胞

歯根嚢胞とは、顎骨内にできる嚢胞の中でもっとも多く、主にウ触(虫歯)により、歯の神経に感染が起こり神経が腐って歯の根の先に形成される「膿の袋」のことです。
この嚢胞を放っておくと、徐々に増大し、顎の骨をどんどん吸収していきます。初期の小さな病巣の場合では、一般的な根の治療で良くなる事もありますが、ある程度進行してしまった場合、根の治療をしても良くならないことがほとんどです。
当院では、この嚢胞を摘出する際「歯根端切除術」という方法でおこないます。

こんな時は、ご相談ください

顎関節症や慢性の口内炎、はたまた転倒して歯が折れてしまった時など、何を専門にしている病院へ行ったらいいのか分からない方も多いのでは?
下記でお悩みの方はぜひご相談ください。

  1. 顔を怪我した。
  2. 歯が折れた。
  3. 親知らずの抜歯。
  4. 顎が痛く、カクカク音がしたり、口が開きずらい。
  5. 急に顔が腫れてしまった。
  6. 口内炎や口の中のできものがなかなか治らない。
  7. 歯ぐきがはれて血や膿がでる。
  8. 抜歯をした後血が止まらない、あるいは痛みがなくならない。
  9. 口が乾燥する。
  10. 舌がひりひり痛む。