矯正歯科について

矯正の種類

床矯正

床矯正とは、取り外し式の装置を使い顎を拡げたり、歯を動かせていく矯正治療です。床矯正治療は、次のような利点があります。

  • 取り外しができるため、見た目が良い。
  • 取り外しができるため、虫歯になりにくい。
  • 弱い力をかけていくため、痛みが出にくい。
  • 抜歯せずに歯並びを治すことができる。
マルチブラケット

マルチブラケット装置は、ブラケットという歯の一つひとつに接着させた小さな装置に通されたワイヤーと歯列を連結させて、歯並びを整えていく装置でほとんどの症例に対応できます。

  • 三次元的な歯の移動が可能
  • 正確な歯の移動治療期間の短縮
  • 多数歯を同時に移動できる
  • 第一大臼歯も移動できる
  • 歯列の拡大ができる
MTM(部分矯正)

MTM(部分矯正)とは、歯列全体を矯正するのではなく、数本の歯だけを動かす矯正法です。 例えば歯が1本だけ飛び出ている場合や、奥歯が倒れてしまってインプラントやブリッジが出来ないような場合など、様々な場面で部分矯正が適用されます。

矯正治療に起こるリスク

  • 歯根吸収
  • 歯髄失活、断髄
  • 歯肉退縮
  • 顎関節症
  • 歯が動かない(骨癒着)
  • ブラックトライアングル
  • 後戻り(保定期間=治療期間)
  • 知覚過敏
  • カリエス
  • ヘッドギア、顎間ゴム、アンカー等をつける必要がある可能性がある
  • ストリッピング
  • 違和感
  • ワイヤーが後ろから出てくる