歯周病治療について

歯周病(歯槽膿漏)とは?

歯周病は人類史上最も感染者数の多い感染症とされており、ギネス・ブックにも掲載されいる、非常に羅漢率の高い病気です。また、この感染症は、感染者数が多いだけでなく、歯が抜ける原因の第一位を占めるほど感染によるリスクの高い病気でもあります。
歯周病(歯槽膿漏)は歯を支える周りの組織に起こる病気です。
日本人の場合、30歳代の8割、40歳代以上の方の9割がかかっています。歯周病(歯槽膿漏)は、歯を失う大きな原因のひとつです。

歯を失う最大の原因は、歯周病(歯槽膿漏)です。

歯周病(歯槽膿漏)とは、歯の歯茎に近い部分についた歯垢(プラーク)の中にいる、細菌によって引き起こされる病気です。歯と歯茎の境目についた歯垢から歯の根元にそって歯周病菌が入り込み、歯を支えている周りの組織をじわじわと壊していきます。そのままにしておくと、歯が抜け落ちてしまいます。
歯周病(歯槽膿漏)が進行すると、歯茎が退縮したり、歯がグラグラしたり、痛くて上手く噛めなくなったりします。
歯の周りには、歯を支える色々な組織があり、歯周病にはこれらの組織が最近に感染して起こります。
また、歯の周りだけでなく、歯周病原菌が血液中に入ったりすると、以下のように全身的な病気の原因となる可能性があります。

  • 動脈硬化
  • 心疾患
  • 脳血管疾患
  • 早産や超低体重児出産
  • がん
  • 肺炎
  • 糖尿病
  • 高血圧

歯周病治療の流れ

Flow1.主訴の解決

痛みや、咬めないこと等の問題点を解決します。

Flow2.カウンセリング

患者さんの歯周病に対する悩みをお聴きします。
人には聞けない、聞かれたくない歯に関する相談もお気軽にしてください。

Flow3.検査

写真・模型・レントゲンの採取、歯周ポケット検査等々を行います。

Flow4.診断

診査診断の結果をもとに、治療計画をお話します。

Flow5.歯周初期治療

当医院ではこのステージを『患者さんが自ら治す環境作りの場』と考えています。
1.プラーク(歯垢:歯の汚れ)コントロール
2.ルートプレーニング
※ルートプレーニングとは、プラークコントロールでは手の届かない歯茎の下の沈着物を除去することです。
ルートプレーニングによってすべての細菌を100%根面から除去することはできませんが、患者さんの身体が抵抗できるところまで細菌を除去し、その結果歯周組織が正常な機能に戻ることを期待してルートプレーニングを行います。
つまり、ルートプレーニングの意味とは、「生体のもっている治癒力が発揮されるように口腔内の環境を整えること」であると考えています。
また、当医院ではルートプレーニングを行う時は、できるだけ痛くなく、短時間で終了することを心がけています。
歯槽膿漏、歯周病の治療が成功するかどうかは、この部分に掛かっていると言っても過言ではありません。
そのために経験豊富な歯科衛生士のスキルがとても大切になります。
3.歯肉のチェック、食生活指導、咀嚼能力測定等々
4.再評価(歯石が残っていた場合は再度歯石取りをします。)

Flow6.歯周病手術治療

歯周初期治療を行っても、歯周病の治らない歯に関しては、相談のうえ歯周外科処置や再生療法を行い歯周病を治していきます。

Flow7.メインテナンス(定期健診)

歯周病治療で治ったお口を維持していくためには、これからのケア(予防処置)がとても重要な鍵となります。
お口の状態により1ヶ月〜4ヶ月ごとのメンテナンスプログラムを組みます。