予防歯科について

予防歯科とは?

私たち、歯科従事者の仕事は歯を治すことだと皆さんお考えではありませんか?

歯の病気は大きく分けて、虫歯と歯周病があります。
もちろん、残念なことに虫歯ができてしまった歯を削って治療するのも、私たちの仕事の半分です。しかし、私たちにはもう一つ大切な役割があると思っております。
それは病気になってから治療するのではなく、病気にならないようにケアしていく。
私たちは、皆さんのお口のケアをサポートしていくパートナーの役割も大切な仕事です。

  • 皆さんが歯を削らないように…
  • 皆さんが歯を抜かないように…
  • 皆さんが歯で困らないように…

サポートしていくことが私たちのもう一つの大切な使命です。

定期健診の重要性

歯医者での定期検診は、「お口の健康のため」だけではありません。歯の健康が損なわれると、全身の健康にも悪影響が及んでしまうのです。「お口のメンテナンス」は「全身のメンテナンスの一環」といえるでしょう。
費用を削るために定期健診に行かない人も多いですが、逆に虫歯になってから治療した方が費用は高くついてしまいます。

従来型の痛みがあって治療するというスタイルからいつまでも健康を維持するというスタイルに変えてみませんか?

メインテナンスの流れ

Flow1.歯周病検査

歯周病の進行度合いの指標となる、「歯周ポケットの深さ」「出血がある部位」「プラークの付着度合い」「歯の動揺度合い」などを検査し、どのような歯周病治療が最適なのかを精査します。この数値を定期的にチェックする事により、生涯、歯周病のない口腔状況への維持管理を行います。

Flow2.スケーリング

スケーリングと呼ばれる超音波振動の器具を用いて歯石を除去することにより、歯周病の原因を防ぎます。歯石は細菌の塊であり、ブラッシングなど、日々の個人の生活習慣では除去することが出来ず、一度除去しても、時間の経過とともに再形成されるため、定期的に除去することが望ましいといえます。

Flow3.ジェット

歯の表面に塩の粒子を吹きつけて、歯ブラシではとれない頑固な茶シブやタバコのヤニ、コーヒー、紅茶、ワイン等の着色の汚れを、きれいに取り除きます。虫歯や歯周病の予防にも大きな効果があります。

Flow4.PMTC

歯の表面には目に見えない細菌の膜(バイオフィルム)がついています。例えるなら台所のぬめりの様なものです。PMTCを行うことにより歯ブラシでは取れないバイオフィルムを除去する事により虫歯や歯周病を予防し、また歯もツルツルになります。

Flow5.フロス

歯と歯の間の歯垢を取り除き、歯周病予防を行います。

Flow6.歯肉マッサージ

マッサージにより免疫力をアップさせます。唾液の分泌を促すだけでなく、リラックス効果もあります。

Flow7.Dr.チェック

ドクターによる診察にてチェックします。